2005年07月05日

はぐれ刑事・郵政民営反対派

タイトルに深い意味はありません。こんにちは。


今日は「刑事がうちに、やってきた!」てな記事を挙げようかと思います。



警察に事情聴取を受けたことが3回かあります。


その内訳は・・・
・強盗(後に強盗殺人事件に発展)
・殺人(抗争絡み)
・ひき逃げ

です。



事情聴取にきた刑事さんって、よくテレビで警察手帳みたいなの出すじゃないか? 実際は出さないんですよ。
サラリーマン同士の初対面みたいに普通に名刺をもらいました。

拍子抜けです、拍子抜け。



まぁ、事情聴取の内容としましては、あまり多くは語りませんが、写真見せられて「この人、最近来てない?」と聞かれたり、「防犯ビデオを見せてほしいんだけど。」と言った感じ。


頭のなかで踊る大捜査線のテーマが流れる間もなく、普通のお客さんと同じように入ってきて、普通に帰っていきますよ。



他に警察関連はというと、たまに交番のおまわりさんが普通に弁当・ジュース・タバコを買いに来ます。

私は何にもしてないのにちょっと挙動不審になってしまい、結構おまわりさんにジロジロ見られるんですね。


意外と小心者なもんで・・・


とまぁ、こんな感じですかね。
posted by じもん at 19:33| ウィーン ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | コンビニ(裏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
郵政民営化されるとどんなデメリットがありますか?
よくわかりません。

警察官、私服の人とお話ししたことがありません。
もっぱら交機およびミニパトの婦警さん専門です。
「ほんのちょっとの間だけなんです〜。お願い!許してください!!」
って・・・。
Posted by のろろ at 2005年07月05日 20:38
●のろろさん

>デメリット
う〜ん、私はメリットの方がありそうな気がするんですが、たまたまニュースで見かけましたので・・・

私は昔よく井の頭公園で職質されました。
花火とかギター弾いてましたので・・・若気の至りといいますか(汗

婦警さんに「ちょっとだけよ〜(はあと)」と言われてみたいじもんでした。
Posted by じもん at 2005年07月05日 21:49
そういえば、国会で紙芝居してた人がいましたね〜。
ナンだこりゃって見てました。
たった5票差の可決ってどうなんすかね?
なったからどうなる、今のままじゃどうなるっていう
肝心なとこが不透明で次の総裁選にらんで
自民党のなかであっちいったりこっちいったりの人の数で決まる法案ってドーよと言う話で。

ミニパトでしかもミニスカでビューティホー・・って
んな3拍子揃ったお方がアニメ以外でもいるのかね?
ミニパト自体ほとんどお目にかからんですが・・・。
曽根崎でXmasに朝帰りしましたからね
刑事さんの印象ですが「踊る・・」じゃなくって
半端なやーさんよりずっと怖かったです。(笑)
Posted by Ageha at 2005年07月06日 13:51
●Agehaさん

またしても、「郵政民営反対派」に反応が・・・
特に深い意味はなかったんですが、今度取り上げて見ようかなぁ。


刑事さんは部署にもよりますよ。
少年課とかだと強面だけど話のわかる人が割りといたり。

あんまりお世話になったことないですが;


ちなみに、東大の学生証はかなり有効です。
水戸黄門の印籠ばりに、おまわりさんが見逃してくれます。
Posted by じもん at 2005年07月06日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。