2005年06月26日

数字の秘密。

セブンのお弁当やら惣菜やらのラベルの隅に、

「Y1」とか、「F14」

なんていう、一見するとよくわからない英数字が印字してあるんだけども、一応意味はあるんですよ。



英字には一日三回配送されるうち、どの回で配送されたかを表すだけなので、
そんなに意味がないんですが、問題は数字のほうなんです。



この数字は商品廃棄、つまり店頭から下げる時間を表しているんです。


つまり、「Y9」だったら朝の9時に捨てるし、「N1」なら深夜の1時に捨てる、という意味なんですね。



他のチェーンでも確か同じような数字があると思います。

ファミマでも「24」やら「9」やらが印字してあったので、買い物のときにはご参考にしてくださいな。
posted by じもん at 17:49| ウィーン ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | コンビニ(裏) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・賞味期限切れのAgehaに
H(廃棄)○○<←年齢>。
貼らないで〜〜。捨てないで〜〜。

トムクルーズは若いよな〜・・ってポツリ。

Posted by Ageha at 2005年06月27日 14:15
●Agehaさん

“華の命は結構長い♪”って歌ありますけど、女性はいつまででもキレイに対して敏感だから、
賞味期限ってないと思いますよ(´∀`)


>トム・クルーズ
あんな大人になるのが目標です!

・・・って言っても、3回結婚するわけじゃないですよ(笑)
Posted by じもん at 2005年06月27日 15:03
お久しぶりです〜。

いや〜、こんな数字あるんですね。
ちーとも知りませんでした!

コンビニ流通業界、恐るべし・・・
Posted by mannnaka at 2005年06月28日 14:00
●mannakaさん

いやいや、コンビニって身近にあるからなかなか気付かないですけど、かなりのシステム持ってますよ!

販売士の資格取るときにも、何げに役立ちましたよー。
Posted by じもん at 2005年06月28日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。