2005年04月25日

え・・・

今日は深夜の勤務の後、帰宅してぐっすり寝ておりました。

で、夕方起きてテレビをつけたら何やら会見をしている。
何事かと思って眠気まなこでみていると、電車が脱線してマンションに突っ込んだ、という事故が起きたんですね。

うぅ・・・、恐いです。
電車のスピードが130km/h出てたというではないですか。

私の中で想像を絶する事件です。事故の被害者の方たちにはまったく責任はないのに、亡くなったり怪我したり・・・

日々の日常の一部である通勤通学の途中で、突然日常を奪われる恐怖・・・

酔っ払い運転での事故を見聞したときのような、そんなぶつけようのない憤りを感じている。

事故の発生の背景は残念ながらまだちゃんとニュースを見ていないのでわからないですが、なんでもダイヤの遅れを取り戻そうとして速度をあげたとか。
わずか数分の代償は、あまりにも大きすぎた。


亡くなられた方の御冥福をお祈りします。今朝(4/27)の相鉄線での踏切事故に巻き込まれました。
一時間以上車内にいましたが、復旧したあと急いだりして事故を起こしてほしくないな、と思いました。
posted by じもん at 23:10| ウィーン ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 内面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バルの会社の人も乗ってたらしいですよ。
5両目だったんで助かったそうですが。
会社がフレックスなためにたまたまその日
その電車に乗った、乗ってないで運命分かれますから、
ヒトゴトじゃないですよぉ。
その路線は使ってませんけど、そういう問題じゃなくて、
電車で事故がおこるなんて普段思ってませんからね。
昨日は丸一日このニュースでした。
もちろん今日も朝から放送するたびに
死傷者の数が増えていって、その悲惨さを伝えています。
Posted by Ageha at 2005年04月26日 15:01
僕の先輩は数分前の電車で通勤したため、間一髪セーフでした。

この事件に限らず、報道の仕方に大いに疑問。
確かな情報はみんな欲しがっているので、客観的な情報なら大いに報道して結構。
しかし、昨日の夕方の時点で遺族のインタビューは必要でしょうか?
憶測で原因を断定する、あるいは誤解を招くような情報は?アナウンサーの個人的意見や巨大組織=悪と思わせるような煽り報道は?報道は正確に客観的にお願いしたいものです。
痛ましい事故の被害に遭われた方々の早期回復、無念にもなくなった方々の冥福をお祈りします。
Posted by のろろ at 2005年04月26日 22:13
そういえば、ニュースの流れでなぜかしらんけど昔むかし、家の近所であった、
置石事件のことまで報道されてました。
京阪はカーブが多くてちょっと先がもう見えなかったりするので。
しかも子供のいたずらで立て続けに起こったものですから、当時はかなりの話題でした。ホームの数メートル前で中華料理店に
突っ込むという事故もありましたし。

原因究明は必要でしょうが、推測で二転三転して議論してるのは無意味です。
テレビの報道はすでに遺族のドキュメンタリーになりつつあります。律儀にインタビューに答えてくれる方もいますが、今それがメインでニュースの時間を割くのはまちがってませんか?復旧作業も終わってない、心の整理もついてない中で話がどんどんそっちへ移っていくのはまだ早い気がします。
マイクを向ける事の暴力みたいなものまで
感じてしまいました。
Posted by Ageha at 2005年04月27日 11:06
●Agehaさん

いやいや、社会生活を送るうえで必要不可欠な電車ですから、ほんとに他人事じゃないですよ!

京阪に限らず阪急でも一時期置き石が問題になりましたよ。
西宮にある某有名進学塾の生徒が犯人だったらしいですが…

●のろろさん

確かに被害者・遺族の方に対するインタビューは必要ないと思います。
いつもながら被害者の顔写真を真っ先に放送するマスコミの神経には辟易しております。
Posted by じもん at 2005年04月29日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。